事務所紹介

司法書士武永須磨彦が、大手司法書士事務所独立後、登記という枠を超えたお客様への法務サービスの提供を目指し、平成12年3月、合同事務所「四谷司法事務所」を開設致しました。

現在では、経験豊富な人材が揃い、複数司法書士によるチェック体制の確立により、多岐にわたる司法書士業務の迅速かつ柔軟な対応や、高度な法律案件や大型案件にも対応が可能な事務所となりました。

登記業務に関しては、平成16年9月から土地家屋調査士の坂本治登(四谷調査士事務所:東京都新宿区荒木町11番地2北斗四谷ビル4階)と協力し、土地の測量・表示登記から権利登記までという、登記業務の一つの事務所による処理(ワンストップサービス)ができるようになり、より広範に顧客要求に対応することが可能となりました。

また、四谷司法事務所内には行政書士も在籍しており、不動産業や古物商といった許認可申請業務も受託できます。

顧客満足をサービス方針の核として士業総合事務所を目指し、法務サービスの提供を通じて社会に貢献していきたいと考えております。

事務所沿革

平成12年03月
四谷四丁目に「四谷司法事務所」を開設
平成12年11月
「司法書士 加藤雄一」がパートナーとして加入
平成16年01月
四谷三丁目に事務所移転
平成18年11月
若葉一丁目(現所在地)に事務所移転
平成19年06月
「司法書士 松廣剛史」がパートナーとして加入

業務内容

不動産登記手続、商業・法人登記手続、債権・動産譲渡登記手続、供託手続、成年後見等の申立手続、企業法務支援、不動産取引支援、民事信託支援、他